2011年07月05日

アキチューライブin京都 東福寺 退耕庵

今年もいってきました、京都での吉川忠英×田中彬博ライブ・・・

通称アキチューライブツアー。

IMG_1152.JPG

今年の京都は東福寺 退耕庵さん。

IMG_1150.JPG

IMG_1149.JPG

静かな佇まいの中、とてもステキなお庭もあるんです。

IMG_1158.JPG

奥のほうには蓮池も・・・。


IMG_1157.JPG

とてもステキなところでした。

このステキな会場で行なわれたんですよ・・・アキチューライブが。

ものすごくよかったです。

昨年もこのアキチューライブに行って、とても感動したんですが、今年は昨年以上。

忠英さんの出番がちょっと少なかったのがちょっと残念でしたが・・・。

でも、忠英さんの暖かく包み込むようなギターの調べと歌声。

昨年以上にパワーアップ&奥行きを増したアッキーのギター。

それに、昨年も参加されていた岸本寿男の尺八。

どれもこれも素晴らしい演奏で、片時も目と耳を離す事が出来ませんでした。

まずは、忠英さんのソロ。

聞きなれた同様などを含めて、インストを数曲。

ちょうど7月になったので・・・ということで、客席と七夕を合唱。

その後、小話交じりで落とし噺。

さらに、インストで暮れるアルプスと草原の音。

どれも、この会場の雰囲気とあいまっていい感じ。

その後アッキーも出てきて、ヘイミスターギターマン・水を汲む少女・僕らのギター等を二人で・・・。

アッキーのパワフルなギターも炸裂して熱い事。

休憩を挟み、今度はアッキーのソロ。

ハミングバードから始まったアッキーのソロは、先ほど忠英さんと一緒の時に見せたパワフルなギターではなく、懐の深い、暖かなやさしいインストからスタート。

アッキーの音楽的センスの凄さを実感しました。

しばらくアッキーのソロ演奏を聞いた後に、今度は尺八の岸本寿男さんの尺八を交えての演奏。

これがまたステキ。

尺八って、こんなにもポップスでメロディアスな楽器だとは思いませんでした。

最後は、また忠英さんも加わり、3人での演奏。

しかも・・・サプライズで、なんと退耕庵の住職さんまで尺八で参加。

これまた凄い。

そんなこんなで、2時間以上のライブが激送し、一気にアンコールへ。

アンコールには、今回のツアーマネージャーである岸本ソウタさんも加わっての演奏。

もう凄い・・・・。

気が付けば休憩挟んで約2時間半のライブ・・・・熱いひと時が、あっと言う間に流れていきました。

とても素晴らしい時間に・・・乾杯!

って、感じで、今年も感動の嵐を体感させていただきました。

来年も是非・是非来たいです!!!

う〜〜〜〜本当によかった!!!











あなたも音楽のある暮らしを楽しみあせんか!?

↓↓↓↓今日のお薦め楽器はこちら↓↓↓↓

尺八入門オリジナルセット

尺八入門オリジナルセット
価格:24,000円(税込、送料込)















posted by 祥雲 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。